タイのバンコクで観光旅行で来た時に食べるタイ料理はおいしいの?

バンコクで食べたパッタイ

2017年8月からタイのバンコクで働き始めました。

タイのバンコクで観光旅行で来た時に食べるタイ料理はおいしいか気になりますか?

タイ料理はおいしいですよ!

タイに住んでいるタイ人は基本的にタイ料理を食べていて、タイ料理も色々種類があります。

タイ人は3食とも外食か買って家で食べる人が多いです。家にキッチンがついていない物件が普通にあります。

そのため屋台のタイ料理は安くておいしいです。

基本的に日本人的な感覚だとめちゃくちゃ辛いか味か濃いか甘いものが多いです。

私は日本で売っている中辛カレーやキムチは問題なく食べられますが、タイの辛い料理は全然食べられないです。

例を挙げるとグリーンカレーやトムヤムクン(辛いスープ)やソムタム(サラダ)などです。

日本にはご飯は残したら良くないというマナーがありますが、辛いものを食べるとお腹を壊す体質の人はお腹を壊します。

私は何回か辛くてお腹を壊したことがあります。

無理せず、タイ料理は安いので身体に合わないと思ったら残して店を出て行きましょう。

私は薄味の料理の方が好きなので、タイ料理の中でも薄味で日本人にとって食べやすそうなおいしい料理を紹介します。

タイ料理のしゃぶしゃぶ・タイスキ

タイ人はしゃぶしゃぶやタイスキは日本料理だと言いますが、私はタイ料理だと思います。

しゃぶしゃぶがタイ人向けに改良されたものでタイスキとも言われます。

日本のしゃぶしゃぶと違うのはスープの味とソースの味が違います

タイ人は超辛そうな唐辛子ソースを肉や野菜に付けて食べます。

鍋の良いところは辛いものが苦手なら辛いソースを付けないで食べれば辛くありません。

味の調節を自分でできます。

タイ・バンコクでおすすめの食事 MKレストラン

パッタイ等の麺全般

パッタイやタイのラーメンは辛くないです。

バンコクで食べたパッタイ

理由としては調味料が一緒について来て、辛さもしくは甘さをそれぞれ人によって調節して食べるからです。

タイ人を見ているとすごい勢いで辛そうなソースを入れている人もいます。

日本の麺の料理はあとから調味料をお客さんが入れて味を調節することは少ないので、慣れないですね。

タイ・バンコクのMKレストランのタイラーメンです。

タイ料理屋さんのチャーハン

これはタイ料理ではなく中華料理かもしれません。

でも中華料理のチャーハンと味が違います。

これも辛くなくておいしいです。

ぶっかけ飯をよくタイでは売っていて好きな具を選んで一緒に白いご飯がついてきます。

白いご飯より味がついたチャーハンの方がおいしいです。

タイ米は白いご飯より味が付いたご飯の方が合います。

 

タイ人はタイ料理を食べるときに基本的にはお箸を使いません。

フォークとスプーンを使って食べます。

最近、お箸を使うことがめっきり減ってしまいました…

麺料理と鍋を食べる時はお箸が出てくることもあります。

お箸を置いていないお店も多くありますので、お箸が無かったらフォークとスプーンで食べます。

まとめ

日本で売っているタイ料理は日本人向けに味付けされていておいしいです。

タイのバンコクのタイ料理は味が濃いので、選んで食べたほうがいいですが、まずは口に合うかどうか試してみてくださいね。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください