日本語教師とは

外国人に日本語を教える日本語教師について書きます。

大学生の時に取った授業が面白くてそのままが日本語教師養成講座420時間コースを取りました。
日本語教師と資格

日本語教師=資格が必要と思いがちですが、そもそも自分が教師をやりたいか、内容が面白く勉強できるかを考えてから取った方が良いと思います。

日本語教師養成講座をわざわざ取ろうとすると時間もお金もかかるためです。

例えば、地域のボランティアに参加して日本語を教えてみる、試しに教材を買ってみるなどがおすすめです。

日本語教師養成講座420時間コースとは
内容は日本語を教えるのに必要な知識を学ぶのですが幅が広くて面白かったです。

あと実際に模擬授業をやって先生が評価するような授業もありました。

私は大学生の時に取りましたが、内容が面白かったのと友達と一緒に頑張っていたので続けられたと思います。

私は大学生の時、資格を取るのが好きだったので色々取っていました。
実際に教える経験はもっとためになると思うので気になる場合はボランティア、バイトからでも始めると楽しいかもしれません!

それならお金もあまりかからないですしね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください