海外でスマホや携帯電話を使うならsimカード、ポケットwifiどっち?

海外でスマホや携帯電話を使うならsimカード、ポケットwifiどちらが良いのかご紹介します。

結論から言うとタイならsimカードがおすすめです。simカードは値段が安く電話もできます。

私は両方使ったことがあるのでメリット・デメリットを挙げていきます。

海外・タイでsimカードを日本で買ったスマホ、携帯電話に入れてそのまま使う場合

あなたが使っているスマートフォンは何の種類ですか?

私は2016年6月に日本で購入したiphone6Sを2017年7月からタイのバンコクでそのまま使っています。機種によってSIMフリーにできない機種がありますのでご確認下さい。

行った手続きをご紹介します。
私が使っているiphone6SはSoftBankで購入しました。

海外でそのまま使うにはまずはSIMフリーにする必要があります。調べていると自分でも手続きができるようでしたが、よくわからなかったのでSoftBankショップで手続きしてもらいました。

手数料で3000円(税別)かかったと記憶しています。一瞬でSIMフリー手続きが終わりました。

携帯電話の解約もしました。旅行の場合はもちろんこの手続きは不要です。

番号を残しておくサービスもありますが、値段が高いので私は母に手続きを頼んで、渡航後に解約してもらいました。

 バンコクには2つ飛行場があり、スワンナプーム国際空港はきれいで広くて、バンコク市内へのアクセスも良いです。ドンイアム空港はイミグレーションが混雑することで有名です。夜中便到着の飛行機で行かないほうが良いですよ。

どちらでも到着ゲートを出るといくつもSIMカードを販売するお店があり、手続きしてくれます。

私は空港では上手く接続できませんでした…
その後市内でtrue(タイで有名な通信会社)の代理店で手続きをしてもらったら上手くいきました。

simカードを指して、最初の設定をやってもらってお金を払って終わりです。日本より簡単だと思います。ただ、タイについたばかりで緊張していて、なんだか不安でした。

Trueのホームページによると旅行者用のsimカードは8日間で299バーツ(900円)です。
電話が100バーツ・1分1バーツ(300円)付いていて通信速度は4Gなので便利ですね。

デメリットは日本語が通じない、なぜかsimカードの初期設定ができない、もしくはできても何でそうなったのかイマイチわからないですね。初期設定ができれば特に何の問題もないです。

海外・タイで日本で買ったスマホ、携帯電話をポケットwifiにつなげてそのまま使う場合

私は旅行の時に2回Globalwifi(グローバルワイファイ)を利用しました。

1回目は2016年8月に4日間カンボジア、2017年5月に4日間タイとベトナムに行ったのでポケットwifiを借りました。
羽田空港に取りに行って帰りも同じです。

メリットは全部日本語でやり取りができるので安心、旅行に行く前に全部手続きが完了することです。

デメリットは私はカンボジアが約2000円、タイとベトナムが約4000円かかったのでsimカードの方が安いです。

インターネット上の回線を利用して電話をかけることはできますが、受ける場合はLINE、skypeのIDを知っている人等でないと厳しいです。

まとめ

今まで海外旅行へ行くときはWi-Fiを借りていましたが、タイはsimカードを指してスマートフォンを使ったほうが安く使えます。

1週間以内の海外旅行をする方もよかったらsimカードを指して日本で使っていたスマートフォンをそのまま海外で使ってみて下さいね。

便利だし安いです。電話も念のため使えると困ったときに役に立ちます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください