海外行くのにLCCを使うと安いけど実際どうなの?

成田ーバンコク間で乗ったLCCのAIR ASIAです

LCCを海外特にアジア圏に行く時に使いたいけど迷っている人にLCCと普通の飛行機の違いについてご紹介します。

目的、行き先、時間帯によっておすすめできる場合とできない場合があります。
ただ言えることはLCC(low cost carrier・Air Asia・Jet star・スクート等)は基本的に普通の飛行機(JAL、ANA等)のサービスはありません。
安いのには理由があります。

飛行機の料金の差ってどのくらい?

安い時期でLCCは成田(東京)ードンムアン(バンコク)で往復3-4万です。
普通の飛行機(JAL.ANA.タイ航空)は羽田(東京)ースワンナプーム(バンコク)往復で5-7万です。
年末年始、お盆等は2倍の値段がします。

KL(マレーシア)-バンコクは往復1万円位と聞きました。
ベトナムの国内線ホーチミン-ハノイはLCCだと往復8000円位でした。
本当に安いです。
日本の国内線でLCCを使うのもありかもしれません。

おすすめのLCCの使い方

2017年5月ベトナム国内線と2017年7月に成田からタイ行きの飛行機にLCCを使ったことがあります。
夜中便に乗る場合はLCCもおすすめです。
飛行機の中で寝るだけなら特にサービスがいらないためです。
夜中便は疲れますが、夜行バスよりはマシです。

LCCを1-3時間くらいのフライトに使うなら特に問題ないです。

LCCと普通の飛行機の違い

日本からタイは片道大体6~7時間かかるので人によっては普通の飛行機が良いです。
LCCのサービスは新幹線だと思って乗った方が良いです。お酒を飲む人も普通の飛行機の方がおすすめです。
基本的に全部有料で、預け荷物、機内食、飲み物等が挙げられます。

あと、一人ひとつずつの画面が無いので時間つぶしができる何かを持参しましょう。
私は寝て、Kindleで本を読んで、ご飯食べて、また寝るという感じです。

機体に関しては普通の飛行機と変わらないです。
私は席が狭いと思ったことは無いです。

発着空港が違うので注意です

日本は東京の場合、普通の飛行機はバンコク行きだと羽田空港からも出ています。
LCCは成田から出ていますので、成田まで行くとなるとその分の時間と交通費がかかります。

バンコクに関していうとLCCはドンムアン空港で普通の飛行機はスワンナプーム飛行場に発着ですので注意です。
スワンナプーム空港は本当にキレイでショッピングするところもたくさんあって充電用コンセントも色んなところにあります。
スワンナプーム飛行場はタクシーだけでなく電車で市内まで行けるので渋滞に合わないです。

ドンムアン空港は一般的な空港という感じです。
あとドンムアン空港はタクシーで市内までいくしかないですね。

ドンムアン空港の夜中に着く便はイミグレーションで4時間かかるとwise(日本人向けフリーペーパー)の記事で見ました。
夜中じゃなければ1時間くらい見ておけば大丈夫です。
理由はよくわかりませんが、だいたいいつも混んでいます。
LCCが増えたけど、空港の規模が変わっていないので混んでいるのでしょうか…
スワンナプーム飛行場のイミグレーションが混む話は聞きません。

LCCの注意点

LCCはよく遅れます。30分以内ならよくあります。
普通の飛行機で遅れるという話は最近聞かないですね。
成田はLCC便の場合バスで飛行機乗り場まで送迎されるので、追いやられている感じがします。

あとLCCは直前に飛行機チケットを取ると料金が高いので早めに取りましょう。

まとめ

日本人は安くても良い品質のものを求める傾向があります。
正直普通の飛行機とLCCに関していうとLCCは質が普通の飛行機と違うので安いです。
旅行は飛行機の中から楽しむから普通の飛行機に乗る、旅行に沢山行きたいからなるべく費用を抑えてLCCにする。
好きな方で良いと思います。普通の飛行機の方が好きだけど、最近はもっぱらLCC派です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください