タイ・バンコクの食べ物の値段(物価)2019年と屋台の相場?

タイ・バンコクの食ベ物やご飯、食事(料理)の値段(物価)は、日本では安いといわれています。

さらに、タイ・バンコク特有の現地人向けの屋台の食事の値段はどのくらいが相場かご存知ですか?

タイ・バンコクでは、食事や食べ物を安くすまそうと思えば安いです。

特に地元のタイ人が食べているタイ料理は安いです。
屋台だと昼食・夕食でも、40バーツ(約150円)位で食べられます。

驚きの安さですね。

海外の食事は高級で高価です。
日本食もタイで食べると高級で、最低でも300バーツ(1000円)くらいはします。

すき家とか吉野家の牛丼もタイだと高級ですよ。

200バーツ位(約700円)はするので日本の方が安いですね。

地元のタイ人が買うものは安いです。

今回は2019年現在のタイバンコクの食事や食べ物の物価についてご紹介します。

家を探している、家賃を知りたい方は下記リンクもおすすめです。

タイ賃貸家賃相場ーバンコクで一人暮らしの生活費・不動産のおすすめご紹介

 

ペットボトル500mlは5-7バーツ(15円-21円位)です。日本とは違うメーカーです。

550ml,600mlのペットボトルも多いです。やっぱり外が年中暑いので、水を飲むことは多いし、常に持ち歩いています。

日本でも売っているエビアンEvianは42バーツ・150円位だと考えると日本より高いかもしれませんね。

日本だと水道水も飲めるからいいですよね。

タイではペットボトルの水を買って飲んでいます。

私はうがいをするのはタイの水道水で問題ないかもしれませんが、飲料水は水道水では問題ありと思います。

タイは水が豊富で、水道水は問題ないようなのですが、パイプ管に問題がある場合もあるので、水道水を飲まないタイ人も多いです。

タイ・バンコクの水道代は異常に安いです。月に80バーツとか…笑(約260円)

タイ人が普段何を飲んでいるか、気になる人は下記リンクもおすすめです。

タイ・バンコクの観光旅行で気になる水事情と飲み物

 

タイのコンビニセブンイレブンです

最近、ペットボトルのお茶の種類が増えてきました。

日本でも見るおーいお茶は30バーツ(約100円)です。

お茶を買う時に注意した方がいいことは白いフタの商品を買ったほうがいいです。

色がついているフタのペットボトルのお茶は甘いタイプの場合もあります。

大体の日本人は最初から甘いお茶は好きではないと思います。

気づかずに買うと飲んだ時に吹きそうになります笑

KAMUカムの飲み物メニューです

タイ人は駅の外や屋台で売っている飲み物をよく買います。

バンコクでは一年中気温が高く暑いからか、カフェやスタンドの飲み物はよく売れています。

カフェやスタンドの飲み物の値段は、大体25-80バーツ(約70-250円)で売られています。

カフェだと一杯100バーツ(約340円)位します。

タイ人はカフェにお金を払う文化があると思います。

タイ料理の屋台やフードコートは30-50バーツ(90円-150円位)です。

エビアンと同じ位の値段です。

下に記載されているタイ料理はカオパットで海鮮チャーハンのようなものです。

タイ人はチャーハンや麺類の料理には砂糖や唐辛子やナンプラー等の調味料を入れて食べる人が多いです。

屋台の食事も一昔前は20バーツから売られていたそうですが、最近は40-50バーツが多いです。

タイ料理以外の屋台100バーツ前後(300円)で、例えばチキンステーキが食べられます。

コンビニやスーパーに売っているパンは、15-25バーツ(45-75円)します。

こちらはタイのセブンイレブンに売っているパンで朝食にタイ人は食べます。

会社や学校で朝食を食べる人も多いです。

タイ人に朝会うと朝食を食べたか、何を食べたかと聞かれます。

タイ人は3食外食の人も多いです。

コンビニの店員さんが会計後温めてくれます。

 

日本のパンは菓子パンと食パン100円くらいですが、クロワッサンとサンドイッチとフランスパンは2-300円しますよね。

タイのコンビニセブンイレブンです

タイのコンビニセブンイレブンではおにぎりも売っています。

一つ約100円位です。

タイ人はサーモンが大好きなので、日本のマグロみたいな感じで、サーモンのおにぎりの種類が充実しています。

タイ・バンコクのスーパーや屋台で買える果物の値段

こちらはタイのマックスバリュー(日本人に人気のコンビニ)で売られているスイカです。
例えばスイカ1人前9バーツ(30円位)でしかもカットしてあるのでとても食べやすいです。

私は毎食何かしら果物を食べています。少なくて一日一回は食べています。

私のおすすめはマンゴーです。マンゴーは3種類あって硬いマンゴー(若いマンゴー)も美味しいです。

こちらは屋台でマンゴーをおじさんがカットしてくれて15バーツ(50円)です。

横に付いているオレンジの調味料は塩のようなもので少し甘いです。

 

屋台で売っているローズアップルという果物です。梨とりんごをかけあわせた感じの食べ物です。

20バーツ(約70円)です。

1袋20バーツ(約70円)でドライフルーツやドライマンゴーが売られています。

タイ人は間食をよくしているのと、タイは果物が安いのでお気軽に食べられます。

サイズも小さめでお土産にもおすすめです。

タイのおすすめお土産・お菓子ドライマンゴー

コンビニ(セブンイレブン、マックスバリュ-)のお弁当は35-60バーツくらいです(100-200円)

日本食もあって、カツ丼、豚丼、鳥ステーキ丼があって、70バーツ(約300円)くらいします。
でも、日本の味を想像して食べないようにしてください。

タイ人向けに味付けされていることが多いです。

タイ・バンコクの日本食レストランと高級デパートのランチ

飲食店は日本語が通じる店、英語が通じる店、タイ語しか通じない店の順に値段が安くなります。

日本食は日本より高い場合が多いですね。

クーラーが効く日本食居酒屋でご飯と飲むと一人1000バーツ(約3500円)は最低かかる場合が多いです。

よくタイは物価が安いと言われますが、外国人向けのレストランは日本と同じか日本より値段が高いです。

下記リンクの日本人が経営している焼肉屋さんは、値段は少し高いですがとてもおいしいです。

バンコクの焼き肉でおすすめの焼肉研究所銀竜@プロンポン

日本食をランチで食べに行くと300バーツ前後なので(約1000円)位です。

日本食チェーン店、かつや、リンガーハット、吉野家、すき家等だと200バーツ代(約700円)の店もあります。

 

タイ料理も外国人も食べやすい味付けで、クーラーがきいていておしゃれな店は300バーツ(約1000円位)します。

レストランは表示価格が安くても、消費税(7%)とサービス料が(10%)かかります。

フードコートは消費税とサービス料がかからないです。

タイ料理(特に屋台)は飽きるので、日本食を外食で食べに行くと、日本より食費がかかります。

またエムクオーティエというプロンポンにあるタイの高級デパートのランチは一人500バーツ(1500円以上)します。
色んな国の料理があって選べますし、もちろんクーラーも効いているし、建物の作りもオシャレです。

mkliveというタイの火鍋(タイスキ)を食べました。私は鍋好きなのでかなり気に入りました!!

MKliveは高級でランチ1人1500円位しました。

通常のMKレストランは半額位です。

 

タイではバイキング、ブッフェが人気です。

一人400-600バーツ(約1500円-2000円)が多いです。

チェーン店だとモーモーパラダイスや秋吉などが有名です。

タイ人と一緒に行くと食べ物を食べて、あまりお酒を飲まないことが多いです。

バンコクのしゃぶしゃぶレストランでおすすめのShabu Lab

ちなみにタイのバンコクにあるスターバックスは日本より高級です。

コーヒーCoffeeの一番小さいサイズで125バーツ(約400円)します。

ぜひプロモーションを使ってタイのスターバックスは買いましょう笑

日本より店内が広い店が多くてゆっくりできるカフェが多いと思います。ただ室内はクーラーで寒いので要注意です笑

タイのスターバックスについて詳しく知りたい方は下記リンクもおすすめです。

タイ・バンコクのスターバックス・スタバの値段やメニューや店舗についてご紹介します

マクドナルドもタイのバンコクでは高級で、ビックマックセットが172バーツ(約550円)します。

タイにお住まいの方はイオンカードを作ると安くマックが買えるのでおすすめです。

タブルチーズバーガーセットは通常だと160バーツが79バーツ(約300円)になるのでお得ですね。

タイのマック・マクドナルドのメニューや値段を紹介・日本より高い?!ご当地メニューあり?

タイのスーパーマーケットの食べ物の物価は?

タイで地元のタイ人が行くテスコロータスというスーパーマーケットに行ってきました。

タイ人がよく食べているかぼちゃ

半分で17バーツ(約70円)

安いですね。

次は日本人に人気のマックスバリュー・コンビニに行ってきました。

価格が高すぎない日本食が置いてあって重宝です。

私が好きな社長さんの納豆

他の納豆は冷凍してタイに持ってきています冷凍輸入納豆は100バーツしますが、この納豆は45バーツです(約150円)

しかも冷凍じゃないんです!すごい!

納豆は生卵と一緒に食べたいですよね

タイには生卵でも食べられる卵もあるんですよ!

本当にすごい!要冷蔵の卵です。

おいしいです。

マックスバリューやグルメマーケット(高級スーパー)などにあって、6個で54バーツ(約180円)で売られていました。

 

 

 

まとめ

タイの人が食べる食事や食べ物は日本と比較すると安いです。

特に水とタイ料理と果物は安いです。

日本食はタイだと高級です。悲しいです笑

でも、たくさん日本食レストランがあって便利です。

外国人向け商品とタイで高級品にあたるものは日本と値段が変わらないもしくは日本より値段が高いです。

日本語サービスを受けられる商品は特に値段が高くなりがちです。

よかったら下記アッキーのブログもチェックしてみてください

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

タイ・バンコクの食べ物の値段(物価)2019年と屋台の相場?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 米沢 禎禎 より:

     タイの屋台料理を含め、タイ料理は東南アジア随一と聞いておりますが、本当でしょうか。私は、そうであれば一度訪ねて、食べてみたいと思っておりますが、真意のほどをお知らせください。

    1. aki より:

      タイ料理は美味しいと思いますが、味が濃いので日本人好みのタイ料理は限られるかもしれません。
      お米を主食にしているのは日本と似ています。是非一度タイのタイ料理をお試し下さい。

  2. 高橋 より:

    初めてメールします。バンコク情報が盛りだくさんで楽しいです。1年前にバンコクに5年半駐在していた次男家族が帰国しました。1か月前久しぶりに懐かしいバンコクに行けました。孫入れて6人で、ノボテルバンコクプルンチットで2泊。バンコクは16回目でした。日曜日は会社の運転手が同行してくれました。夜の空港まで送ってもらいました。バンコクでは1回も不愉快に思ったことがないのが不思議です。来年も行けたらいいな。これからはアッキーさんの情報を楽しみにみますね。トンロー通りに住んでいました。ワンワンホテルに泊まりカオマンガイのプートンキャット?で舌鼓。ではでは。

    1. aki より:

      コメントありがとうございます
      これからもバンコク情報の発信したいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください