タイ・バンコクの観光地ワット・ポーについて紹介します

タイ・バンコクの観光旅行と言えば観光地巡りが楽しいですよね。

タイは仏教の国なのでお寺や大仏が有名です。
今回はタイ・バンコクのお寺で有名なワット・ポーについて紹介します。

市内からもアクセスしやすく、派手で大きな寺院があるので観光客に人気です。

ワットプラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンは3大寺院と呼ばれています。

バンコクで有名なお寺ワット・ポーとは

タイ・バンコクにある寺院でワット・ポーの涅槃仏(寝ている大仏)が有名です。

ワット・ポーでもらった説明書によると仏像は全長46mあるそうです。

大仏が大きすぎて上手く写真が取りづらいです。

日本の大仏と比べると大きくて派手です。

日本と比べると建物もカラフルでした。

 

ワット・ポーでの所要時間

大体1時間位あれば回れると思います。

涅槃仏以外にも17つ建物があります。

大仏の展示や建物の中にも入れるので是非行ってみて下さい。

バンコク市内から30~1時間程度かかります。

周りにワット・アルンやワット・プラケオがありますが、全部回ろうとすると体力的にきついかもしれません。

晴れているとかなり外が暑いです。

私は一個ずつ別日で回りました。

お寺めぐりの必需品と季節のいい時期

5月に行きましたが暑いです。35度位ありました。

水(ワット・ポーへ行き入館料払うと一本もらえます)は必要です。

外で観光するときは帽子、サングラスもあると便利です。

お寺は日を遮るものが少ないのでとても暑いです。熱中症には気をつけましょう。

タイ・バンコクはざっくり分けると5月から10月位までが雨季で11月から4月位までが乾季です。

4月はタイが一番暑い時期です。

外で観光するなら11月から2月位までが涼しくて観光しやすいです。

ちなみに2019年は乾季の時期に大気汚染が深刻でした…困りましたね。

 

ワット・ポーへの行き方

バンコク市内からタクシー、船と電車でも行けます。

タクシーで行く場合

タクシーで行くとバンコク市内から約30-40分かかります。
タクシー料金は100バーツ(320円位)前後です。

ワット・ポーから市内へ戻るときは300バーツかかりました。

観光地はメーターを使いたがらないタクシーが多いので注意して下さい。

住所*2 Sanam Chai Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200

電話番号*02 226 0335

船と電車で行く場合

バンコク市内を走っているBTS(電車)に乗ってサパーンタクシン駅まで行きます。

ボート乗り場があってワット・ポーにもアクセスできます。

ボートは非日常感があっていいです。

ちなみに私ははじめて行った時全然違う行き先のボートに乗ったので気をつけてくださいね。

下記ワット・アルンのブログで船の乗り方は詳しくまとめてあります。

まとめ

今回はワット・ポーについて紹介しました。

タイの大仏は金色でピカピカです。

日本と比べると建物もカラフルでした。

人も多いのでスリには気をつけて楽しんで下さい。

もしよかったら下記アッキーのブログもチェックしてみてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください