タイバンコクの観光地ワット・ポーについて

旅行と言えば観光地巡りが楽しいですよね。

タイは仏教の国なのでお寺や大仏が有名です。
今回はワット・ポーについて書きます。

2 Sanamchai Road, Grand Palace Subdistrict, Pranakorn District, Bangkok 10200 タイ

ワット・ポーとは

寺院でワット・ポーの涅槃仏(寝ている大仏)が有名です。

ワット・ポーでもらった説明書によると仏像は全長46mあるそうです。

大仏が大きすぎて上手く写真が取りづらいです。

ワット・ポーへの行き方

バンコク市内からタクシー、船と電車でも行けます。

タクシーで行くと30-40分かかります。
タクシー料金は100バーツ(320円位)前後です。

ワット・ポーから市内へ戻るときは300バーツかかりました。

観光地はメーターを使いたがらないタクシーが多いので注意して下さい。

所要時間

大体1時間位あれば回れると思います。

涅槃仏以外にも17つ建物があります。

大仏の展示や建物の中にも入れるので是非行ってみて下さい。

必需品

5月に行きましたが暑いです。35度位ありました。

水(ワット・ポーへ行き入館料払うと一本もらえます)は必要です。

帽子、サングラスもあると便利です。

まとめ

今回はワット・ポーについて書きました。

タイの大仏は金色でピカピカです。

日本と比べると建物もカラフルでした。

人も多いのでスリには気をつけて楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください