タイ・バンコクの食事でおすすめはショッピングモール内のフードコート

バンコクの中心にあるショッピングモールのセントラルワールドです

タイ・バンコクの食事でおすすめはショッピングモール内のフードコートです。

観光で来る方、在住者にもにおすすめのタイ・バンコクのフードコートをご紹介します。

タイ・バンコクのフードコートってどうなの?

フードコートはショッピングモールの中で食事ができる場所で10以上のお店から好きな食事を選べます。

日本のフードコートと海外のフードコートは違います。
日本のフードコートはファストフードが中心で価格帯500-1000円で安い所が多いです。
そもそも日本はフードコートが無いデパートも多いですよね。

タイのフードコートは色んな国の美味しい料理が安く食べられます。
基本的にはタイ料理が多めです。値段相応の場合もあります笑

しかも有名なデパート、ショッピングモールには大体あります。
メニューが写真と値段と一緒に表示されていて、非常にわかりやすいです。
税金(7%)、サービス料(10%)が加算されないためリーズナブルです。

高級デパートは100バーツから150バーツくらい(300円から500円位)で普通のデパートやショッピングモールは50バーツから100バーツ(150-300円)位で食べれます。

バンコクのフードコートのルール

キャッシャー(レジ)へ向かい、フードコート専用カードに現金をチャージ100バーツ位(約340円)します。
それぞれのお店で注文したらそのカードを渡して精算します。

 

↑これはフードコートのカードです。

食べ終わったらこのカードをまたカウンターに持っていけば残っている現金が返却されます。

セントラルワールドのフードコートは入る時にカードをもらって、そのカードをお店で渡します。
帰りにキャッシャー(レジ)で精算をする後払い方式でした。
ほとんどは前払い方式です。

フードコートでご飯が食べ終わった後はそのままにしておくと、清掃してくれる人が片付けてくれます。
アメリカ、イギリスもこの方式です。

タイのバンコクにあるターミナル21(アソーク駅)のフードコート

安くておいしいので何回も行ってます。

タイ人にもおすすめされます。確かにターミナル21のフードコートはおいしいです。

確か4階にあります。

ターミナル21

タイ料理がメインです。好きな料理を頼みましょう。大体40-60バーツ位です(約200円)

どれを食べても安いので値段がよくわからくても買っちゃいましょう。

ご飯のおかずをいくつか頼むタイ料理もあります。

美味しいですし、ご飯がついてきて良いのですが、結構辛い具もあるので要注意です。

デザートに果物や甘いものも売ってます。上の写真は甘いトーストパンみたいなお菓子です。

下記のようなカットフルーツはタイでは主流です。

大体20-30バーツです。(約70円)

TripAdvisor (トリップアドバイザー)にもお店の情報が載っています

タイのバンコクのプロンポンにあるエムクォーティエのフードコート

すごくおしゃれです。タイのバンコクのプロンポン駅にあるショッピングモールエムクォーティエの地下にあります。

オシャレなフードコートは価格が高い場合があります。

ラビットカード、BTSのカードで支払いも可能です。エムクォーティエのフードコートは60バーツ(約200円)くらいから200バーツ(約700円)くらいまでの料理があります。

 

甘くて味が濃いインドカレーもあります。バターチキンナン添えで160バーツです。約500円

無難な料理はやっぱりタイ料理ですかね。

おすすめのタイのバンコクのプロンポンのエンポリアムフードコート

プロンポンのエムクォーティエと反対側にあるショッピングモールのエンポリアム4階にあるフードコートもおすすめです。

理由はお店の種類も多く、値段も50-100バーツ(150-300円)位で、空いていてキレイです。
しかも、BTSのラビットカードが使えます。

BTSはバンコクに走っている電車の名前でラビットカードはスイカ、パスモのような電子カードです。


タイの麺は辛くないことが多いです。麺や具を選べるお店も多いです。

タイ語がわからなくても、指で指して頼めばなんとかなります笑

タイの人は麺を食べる時は調味料で味付けをして食べているそうです。

値段を忘れてしまいましたがおそらく60バーツくらいかな。。(約200円)

タイのバンコクで場所がわかりやすいフードコート

サイアム(siam)駅のサイアムパラゴンにあるフードコートは場所がわかりやすいです。

S&P สยามพารากอน

BTSサイアム駅を降りて、改札を出てすぐ左手にサイアムパラゴンがあります。
まっすぐ進んでエスカレーターを降りてすぐフードコートがあります。

種類豊富で100バーツ位が相場です。お高めです。
場所がわかりやすくて良いのですが、いつも混んでいて席が見つからないことがあります。

なかなかたどり着けないバンコクのフードコート

・セントラルワールドのフードコート
・メガバンナーのフードコート
施設が広すぎて何回も迷子になりました笑
フードコートに関わらず、目的地までたどり着くのが時間がかかります。

セントラルワールドはチットロム、サイアム駅から歩いていけます。

เซ็นทรัลเวิลด์

セントラルワールド、サイアムパラゴンがある地域はthe都会です。

セントラルワールドとISETANはつながっています。

↑セントラルワールドで食べた焼きそば、65バーツ、(約200円)なんだか味付けが甘かった笑

メガバンナーは郊外にあるショッピングモールでウドムスックから無料のシャトルバスが出ています。IKEAが入っているモールで、IKEAにもフードコートがあります。観光客の方にはスワンナプーム国際空港の近くにあるので都心から遠いためおすすめしないです。

เมกาบางนา

こんな感じでディスプレイか写真と値段が書かれている事が多いので注文しやすいですね。

タイのチャーハンはおいしいです。中華料理の味付けとまた少し違います。

 

いつもキュウリが載っています。値段を忘れてしまいましたが60バーツくらいかな(約200円)

まとめ

タイのバンコクのフードコートはおいしくて、涼しくて、安いです。
正直値段相応だと感じる料理も多いので、複数人で行かれる場合はレストランもおすすめです。

ひとりで急いで食べたい時はタイ料理ならすぐ出てくるので便利です。

ガヤガヤしているところはあまりゆっくりできない場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください