タイ・タイ語の食品の賞味期限の見方・表示(BBF)はどこに書いてある?

タイ・バンコクで売られているヤクルトです

タイ・タイ語・食品の賞味期限の見方・表示はどこに書いてるかご紹介します。

お土産や飲み物や食べ物を買う時に賞味期限は気になりますよね。

タイの表記が日本と違うのでご紹介します。

はじめのころは見方が全然わからず、しばらく賞味期限は書いていないのかと思っていました。

牛乳やヨーグルトや納豆を買う時はチェックした方がいいです。

私は発見したことはありませんが、賞味期限切れの商品が売っていることもあるそうです。

BBF=Best Before(賞味期限)と書いてある場合もあるそうです。

タイは仏暦を利用することが多いこととがあって賞味期限の読み方がはじめはわかりにくいです。

タイの賞味期限の見方で使う仏暦とは?

タイは仏暦が主流で、賞味期限でも使われることが多いです。

西暦2019年は仏暦2562年です。

省略して62年という表示もあります。

仏暦について知らないとどこに賞味期限が書いてあるか全然わからないです。

MFDはManufacturedの略で作った日です。

EXPはexpiration date の略で賞味期限という意味です。

上のヨーグルトの賞味期限は2017年10月26日です。

このヨーグルトは砂糖が入っていないプレーンヨーグルトでおいしいです。

マックスバリュー(コンビニ)には売っています。(店によって違うかもしれません)

タイ語は英語と同じ表記です

例えば2019年4月1日はタイ語表記だと

・01/04/2019

・01/04/19

・01/04/2562

・01/04/62

これが読めないと賞味期限が書いていない!と思います。

タイ語は難しいと言われる所以はこういった文化も関係しているかなと感じます。

 

上記ヨーグルトの賞味期限は2017年9月30日です。

ブルガリアヨーグルトは種類がいくつかあって砂糖が入っていないプレーンヨーグルトがおいしいです。

気をつけないと味がついているヨーグルトは甘すぎなので日本人は好きな人が少ないと思います。

以下の牛乳の賞味期限はいつでしょう。

上の写真の牛乳の賞味期限は2018年5月10日です。

牛乳は明治の牛乳が間違いないです。

おいしいし値段もお手頃です。この牛乳は確か25バーツ(約80円)かな。

お土産で日持ちしないものを買うことは少ないかもしれませんが、念の為賞味期限を自分で確認した方が安全だと思います。

おまけ~タイ人の友達と日時を確認し合う場合~

日本人慣れ、外国人慣れしている友達の場合は特に気にする必要はありませんが、

タイ人の友達と2019/5/1に会う予定をしていたら、01/05/19と表記してあげるとお互い間違いが少ないです。

自分がタイの日時表示に慣れていないと書き間違えしてしまいそうです笑

 

ちなみに飛行機やホテルの日時が

01/05/19-03/05/19(2019年5月1日から2019年5月3日)

と表示される場合もあります。(タイで予約したときだけかも)

まとめ

タイは西暦を使うことも多いですが仏暦もあります。

日本も西暦と平成〇〇年という表記があるので似ていますね。

仏暦は和暦のように途中で切れたりしないのでわかりやすいです。

牛乳やヨーグルトや納豆を買う時は賞味期限はチェックした方がいいです。

私は発見したことはありませんが、賞味期限切れの商品が売っていることもあるそうです。

タイあるある。笑

下記アッキーのブログもよかったらチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください