タイ観光旅行で体調不良・下痢・腹痛のときの対処法

アソークにあるIwane goes naturesというカフェジンジャーエールです。

タイ観光旅行に限らず、海外旅行で体調不良になったらチョットパニックですよね。

特に発展途上国などでは食事に気を付けるの基本です。

不幸にも海外旅行中に下痢・腹痛になったら旅行気分は真っ青です。

今回は、タイに観光旅行へ来てお腹を壊したらどうするかについてご紹介します

私は週に1回くらいはお腹を壊してますね。
タイではひどいウイルス性の病気にはかかったことがないです

タイ観光旅行の際は薬を持ってこよう

旅行者の人でよく見かける行動

・屋台のご飯を避ける
・氷を食べない
・生料理を食べない

屋台のご飯は店によりますね

繁盛している店やタイ人に人気の店は大丈夫なことが多いですが、
自分の体調が悪い時は避けたほうがいいかもしれません。
私はよく食べていますが、大体大丈夫です。

氷を避けてタイで暮らすのは難しいです

タイ人は氷が入った飲み物が好きで、ビールにも氷が入っています
最初は驚きましたが、慣れるとビールに氷入れたほうがいいですね

氷で当たった話は聞かないので、大丈夫です

気になる方は No ice!(ノーアイス)と言って抜いてもらいましょう。

アソークにあるIwane goes naturesというカフェジンジャーエールです。

生料理で思い浮かぶのはサラダ、刺し身とかですかね

サラダも刺し身も食べてますが、大丈夫です。
スーパーの刺し身を私はあんまり食べないです。

タイ観光旅行で気をつけていたけどお腹を壊した場合

タイ人同僚がお腹壊した話をしていて、冷たい飲み物を飲んだからだと言っていました。
私は辛いものを食べたときや、日本食を食べに行ったあともお腹壊すことがあります。

日本から持ってきた整腸剤やビオフェルミンを飲みます。
大体薬を飲めば治りますね。

タイのバンコクで薬を買おう

タイのバンコクでは日本語が通じる薬局があります
ブレズ薬局です
日本人通訳の方が常駐しているので症状を話せばタイで売っている薬を販売してくれます

日本人常駐薬局バンコクのお薬屋さんブレズ薬局
BLEZ PHARMACY

■アソーク店 -Asok shop-
BTSアソーク駅・MRTスクンビット駅から徒歩1分!
1min. walk from BTS Asok & MRT Sukhumvit station

住所:415 Sukhumvit Rd,KlongtoeyNua,
Bangkok(ソイ212と23の間) 10110

営業時間(OPEN):9:00a.m.~23:00p.m.

TEL:092-223-1251

ブレズ薬局BLEZ Pharmacy ブレズ薬局

ひどく体調不良の場合は病院に行きましょう

クレジットカードに海外旅行保険が付帯されている場合は使うと便利です。
タイは救急車を持っているのは病院とお寺なので、泊まっているホテル近くの病院を確認して保険適用できそうなら行くといいです。
バンコク市内の病院は日本語が通じる病院もあります。

例えば、タイ・バンコクにあるDYMクリニックは病院もキレイで日本語も通じます。
しかも、3箇所にあるので最寄りの病院に行きましょう。

病院によって全然診療費用・値段が違うので注意です。

海外旅行保険が付帯されていて年会費無料のマルイのエポスカード

まとめ

タイ旅行の際は限られた時間の中で動くことが多いと思うので、薬を持参した方がいいです。
ちなみにタイで薬を買うと日本の薬より強いことが多いので、気になる方はやっぱり日本の薬のほうがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください