マレーシア・クアラルンプールとタイのバンコクの違い特徴をご紹介します

マレーシアクアラルンプールにあるマスジット・ジャメ(モスク)です。

2017年12月にマレーシア・クアラルンプールに旅行に行ってきました。

マレーシアとタイが似ているところはどっちも暑い、ホテルが安い、都会で便利です。

マレーシアとタイの言語の違い

マレーシア・クアラルンプールは英語が通じるので色々楽!

標識も英語なので何が書いてあるかすぐわかる!

 

Uber(タクシー配車サービス)の運転手さんも英語が通じる。

タイのバンコクは英語も通じるけど、やっぱりタイ語が中心なので、お得な情報がタイ語で読めなかったりすると悲しい笑
英語も併記してある場合が多い、電車の表記は英語もあります。

個人レストランでメニューにタイ語しか書いてない場合もあります。(ローカル店ですね。)

マレーシアとタイの交通事情の違い

マレーシア・クアラルンプールは車が無いと移動が大変

電車もあるけど、車が便利です。

UberとGrabタクシーが必須ですよ。普通のタクシーは使わないほうが良いと住んでる人に言われました。
住むと、クルマが必要になるので運転できたほうが良いですね。

タイのバンコクは車で移動がした方が良い場所と電車かバイクタクシーの方が早い場所があります。

観光するなら公共交通機関が発達しているので便利です。

意外とバスでどこでも行けます。郊外に行くならクルマがあると便利ですね。

マレーシアとタイの雰囲気の違い

マレーシア・クアラルンプールは外国っぽい

多民族国家で、イスラム教の人も多いので、異国情緒あふれている

色んな国の人がいて宗教に対する配慮がある。

マレーシアクアラルンプールにあるマスジット・ジャメ(モスク)です。

タイのバンコクは一部の地域に行くと日本人だらけで日本にいる気分になる

特にスクンビット(プロンポン、トンロー、エカマイ地域)に日本人が集中して住んでいるので日本食レストランが充実していて、ご飯を食べに行くと日本語しか聞こえないこともあります。

マレーシアとタイのトイレ事情の違い

マレーシア・クアラルンプールはトイレを選ばないと思ったより汚い笑
ショッピングモールやホテルのトイレはキレイ。
マスジット・ジャメ(モスク)の近くにトイレがなくて困りました。

マックを発見して行きましたがトイレットペーパー無いし床が水浸しでした…
トイレ難民にならないように注意が必要です。

タイのバンコクは比較的トイレはキレイ
トイレの中でスマホいじりする人が多くて問題になることも…
トイレットペーパーを便器に流しちゃいけないので、なんとなくストレス笑

ガソリンスタンドのトイレ(ぼっとんトイレもある)とマーケット(ナイトマーケットとかチャトチャック)はイマイチ汚いので近づかないのがベター

トイレットペーパーもない場合もあります

マレーシアとタイの気候の違い

マレーシア・クアラルンプールは12月もムシムシ暑いです。30度くらい
でもバンコクより涼しいと感じました。

タイのバンコクはマレーシアより赤道から遠いけど暑い。
東南アジアで一番暑いのではないかという噂があります。

まとめ

タイは旅行先で人気があると思いますが、異国情緒あふれるマレーシアもどうでしょうか。

英語が通じるし運転手のマナーもタイより良いです。

マレーシアクアラルンプールにあるマスジット・ジャメ(モスク)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください