海外就職その後はどうする?! GJJ企画バンコク開催キャリアセミナーに参加してきた2019

先日バンコクで海外就職に強いGJJさんが企画したセミナーがあったので参加しました。

参加してどんな内容だったか、最後の方は私の意見も少々紹介します。

下記はホームページから引用します。

【GJJ特別企画!バンコク開催キャリアセミナー!! 海外就職その後はどうする?! どこに行っても、自分の市場価値を上げる方法

海外就職はゴールや目的ではなく、あくまで通過点に一つ。
100人いれば100通りのキャリアがあります。
海外就職後にどのようにキャリアを継続していくのか、正解はない分、不安もつきものかと思います。

これまでに約800人の海外就職の実現をサポートし、その後のキャリア支援も行っているGJJだからこそ
お話しできるコンテンツになっています。】

第一部:どこに行っても、自分の市場価値を上げる方法など

セミナー内容
●1部(13:30~14:30)
・クロスボーダーキャリアとその未来
・どこに行っても、自分の市場価値を上げる方法
・Q&Aセッション

日本型キャリアは高度経済成長の時は終身雇用と年功序列で上手くいっていたけど、今は変わってきていている、
でも急に欧米型キャリア・成果主義等に移行するのは難しい

そこでクロスボーダーキャリアが紹介されていました。
時代が変わっているから少しずつ変えなきゃと思っている経営者もいるけど、まだ時間がかかっている雰囲気という話もありました。
業界や会社の規模感によって違うと思いますけど、過渡期なのかなと。

このあとの文章で駐在と現地採用という言葉が出てきますがよくわからない人は下記ブログチェックしてみて下さい。

駐在赴任で海外で働くのと海外就職で現地採用として働く違い

また、現地採用で海外で働いた人が日本で活躍している例も紹介されていました。

英語が喋れる人はいるけど、実際に外国人と働いたりマネジメントしてる人は少ないから日本に帰って、うまく需要とマッチして働いている人もいるという話もありました。

あと日本の会社によっては現地採用で働いてる人がいることを知らなかったり、駐在、現地採用の人が実際どんな仕事を海外でしてるか知らない人もたくさんいる
という話もありました。

駐在の人でも日本に帰ると日本本社で海外での経験が日本で活かせなくて転職してしまう話は本当によく聞きます。企業にとってはすごく大きな損失じゃないのかなと個人的には思っています。

セミナーの中では専門性と英語力が両方あったら、市場価値が高い人材になれるので、そこを目指そうという話もありました。

Q&Aでは最近成長しているアジアの国はという質問がありました。

インドとベトナムだそうです。ベトナムは遊びに行くと勢いがすごいなといつも思います。インドは怖くてまだ遊びに行けてないです。笑

海外就職をしてタイで働く日本人特集した現採白書がダコから出ました!

第2部:海外就職その後の事例について

・海外就職その後の事例について
・海外就職経験者であるゲストを迎えたトークセッション

2部は色んなところで活躍してるGJJのメンバーの紹介と、東京とZoomでつないで、話を聞きました。
ヨーロッパは国によってビザの取りやすさが違いそうですが、アジア就職の際に紹介でヨーロッパへ行ったり、どうしてもヨーロッパに行きたいという強い思いがある人が転職できている印象でした。
思いっきり業界チェンジをしている話もありました。
例で3名紹介されていました。

日本・営業→マレーシア・技術営業→オランダ・技術営業
日本・営業→ベトナム・営業→ドイツ・営業
日本・営業・自営→フィリピン・留学→タイ・営業→シンガポール・事業開発→日本・海外事業開発

1-2年だと転職の時に評価が分かれるけど、3年以上務めて同じ国で転職したり、駐在や本社採用になったり、日本に帰ってまた経験を活かした仕事に就いている人もいるという話がありました。
GJJさんは10年やっていて800人位メンバーがいるそうで、一人ひとりキャリアは違うと思うので多種多様な感じはします。

日本とZoomをつないで、海外就職とその後の話を聞きました。

日本・エンジニア→マレーシア・エンジニア→勉強→日本・開発エンジニア

話を聞いていてストーリーがわかりやすくて、本当にエンジニアの仕事が好きそうなのが印象的でした。
日本に帰ってきたあとに1年ちょっと独学して、今までとは違う分野の仕事に挑戦中とのことでした。

好きなことを仕事にするのはうらやましいなと思いながら聞いていました。

タイ人の転職事情について・よく転職するのはなぜ?

第3部:懇親会

最後は交流会で集まった方と交流しました。
日本やインドから来ている人もいらっしゃってやる気がすごいなと思いました。
他の国で働いている人の話は面白いですね。
インドは空気が悪そうな時期と牛肉がなかなか食べられないのと道路に動物がいてすごそうなのと上げたらキリなさそうですけど大変そうです。

20代~30代のタイに住んでいる日本人が人数が少ないので友達の友達はだいたい知り合いですね。世界が狭すぎる…

色々話を聞いていると本当に少しずつですけど時代は変わってきているのかなと。
また前より現地採用で働くのもハードルが上がっている印象はあります。
タイに関しては経験者採用が増えている感じがします。
セミナーでもさつきさんが、5年経ったら時代がかなり変わるとおっしゃっていましたが、5年後どうなるのか楽しみだなと思いました。

私個人的にはタイで現地採用として働くのは他の人におすすめしないです、やっぱり待遇面で早々日本へ帰国する人が多いからです。
もちろん人によっては来てよかったと言っている人もいます。

ちなみにタイでもオフィス系ではなく飲食系、美容系、先生系だと日本からタイにきて本当によかった!もう日本には帰りたくない!とキラキラとしている人がいます。

セミナーの中でも話にありましたが、どうしてもヨーロッパで働きたい人とか日本食関係の仕事だったらビザ取りやすそうだし、需要ありそうという話もあり私もそう思う!と思いました。

日本だと飲食系はイメージがあまりよくないかもしれませんが、海外だと全然違ったりしますよ。(働き方やビザ、給料など)

タイに住んでいると色々疲れるので、他の人と話すと元気をもらえるので、参加してよかったです。

ありがとうございました。

もし色々考えて、やっぱり海外就職したいんだという人には下記エージェントさんおすすめです。

 

GJJさんは人材派遣会社に紹介する前に、履歴書や自己分析のサポートや説明会等を行っています。

GJJ海外就職デスクHPより転用

【海外就職カウンセリング実施日時:完全予約制】

平日・土日祝:10時~21時

所要時間:1時間~1時間30分

その他:服装自由、必要な持ち物はありません。

※スカイプによるカウンセリングも行っております。(来社していただくお時間がない方や、遠方からのお申込者など受け付けております)

【カウンセリング場所】

グローバル人材塾(GJJ)海外就職デスク
新宿サテライトキャンパス
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE 6F

アクセス

海外就職を考えている方にはJACリクルートメントもおすすめです。世界各国にあります。

タイ転職・タイ求人情報、海外転職はジェイ エイ シー リクルートメント タイランド

お問い合わせ

JAC Recruitment Thailand
ジェイ エイ シー リクルートメント タイランド
Bangkok Head Office
住所:10th Floor, Emporium Tower 622 Sukhumvit Soi 24, Klongton Klongtoey, Bangkok 10110 Thailand

電話+66 2 261 1270

Email jac.th@jac-recruitment.com

 

まとめ

先日バンコクで海外就職に強いGJJさんが企画したセミナーがあったので参加しました。

参加してどんな内容だったか、まとめました。またバンコク開催してほしいですね

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください