タイの文化や習慣について5つ紹介します~タイ料理よりカフェが高い?!~

タイ料理と麺料理でおすすめの店~The Hen and The Egg~

普段タイ人と話していて気になることやタイ人の文化や習慣について紹介します。

主に会社、バンコクに住んでいるタイ人を見ていて感じることなので、一般的なタイ人と違うかもしれないですが、(タイは地域によって所得格差がすごいです)紹介します。

タイ人とランチを食べて気になること

40バーツ(約150円)のタイ料理ランチを食べて、

100バーツ強(約340円)のスタバのコーヒーを食後飲んでいる時
ねぇ!コーヒー高くない?
といつも思います。
意外とカフェのほうが儲かるのかなとずっと思っています。

タイ・バンコクのスターバックスの看板写真

タイ・バンコクのスターバックス・スタバの店舗や値段についてご紹介します

道端で屋台でコーヒーを作っている店で買うと25-60バーツ位で買えます。(約70円-170円)

KAMUカムの飲み物メニューです

タイ・バンコクの観光旅行で気になる水事情と飲み物

あと、スイーツも好きで、タイ人に人気のAfter youというカフェの人気商品はハニートーストやかき氷ですが、250バーツ位します。(約850円)

人気でいつも並んでいるし店舗は増え続けています。

もう少しお手頃な店だとタイの全土にあるswensensという店でスイーツが食べられるのですが、パフェは120バーツ(約400円)位します。

タイ・バンコク女子に人気 お菓子やスイーツでおすすめ4つ

色んな所にあるし、いつも人がいるのでやっぱりタイ人はスイーツを食べるんだと思います。

メインのタイ料理よりカフェやスイーツの方が値段が高いのがいつも不思議です笑

タイ人は食べ放題が好き?

タイ人は食べ放題がかなり好きだと思います。

食べ放題の時はあまりお酒を飲まないです。

いつも40バーツでタイ料理を食べているのに、一人600バーツ(約2000円)の食べ放題に行っておいしかった~☆と言っているのが不思議です。
値段差が激しいですよね。

タイで人気のバイキングKINGKONGにタイ人に連れて行ってもらいましたよ

食べ放題もいろいろあるのでお手頃な店だと300バーツ(約1000円)からあります。

バンコクのしゃぶしゃぶレストランでおすすめのShabu Lab

あとタイ料理は日本食に比べると出てくる量が少ない店が多いので、おやつに色々皆食べています。

突然食べ放題のときはたくさん食べるので、
本当は1回の食事でたくさん食べられるのかな?とまた不思議です。

タイ人特に女性だとあまりお酒を飲まない人が多い気がします。
私はほぼ飲まないので、ひたすらご飯を食べる方が嬉しいので割とこの点はタイ人と気が合いそうです。

タイ人はいつもおやつを食べている?

いつも何かおやつを食べていてよくくれます。

もともとは仏教の関係でタンブン、周りの人に色々あげるのが徳を積めるのでいいとされている文化があります。

たまに買いすぎでしょと思う量を持っている人もいます。
果物かココナッツのお菓子かスナック菓子が多いです。

タイのバンコクでおすすめお土産・お菓子9つ

おいしいというともう一個くれるので、もらいそうになったらマンペンライと言って断りましょう笑
本当においしかったらもう一個もらってもいいかもしれないですが…

外が暑いからか、飲み物、カフェ文化も日本より浸透していると思います。

冷たい甘い飲み物やお茶を職場でも飲んでいるタイ人は多いです。

タイ人に人気の観光地はどこ?

外国人に人気の観光地とタイ人に人気の観光地が分かれていると感じます。

日本より交通費が安いのでタイに住んでいると旅行に行きやすいと感じます。

タイ人でプーケットやサムイ島に遊びに行く人は聞かないです(お金があるないではなく)
タイ人から見ると物価が高すぎるんだと思います。

プーケットのビーチ

タイ・プーケットへ飛行機での行き方と交通手段・タクシー

確かに、プーケットの交通手段の価格は高いと感じました。
外国人には人気の観光地なので、日本人は行く人も多いです。

ホアヒンやクラビはタイ人におすすめされて遊びに行きました。
どこの店がおいしいかとかどこに泊まったらいいかを全部聞いて行ったら、タイ料理店がローカル過ぎて、辛すぎたり、ビーチに行くまで思ったより遠かったりしましたが、
楽しい旅行になりました。

チェンマイに行ったときはタイ人にも日本人にもおすすめスポットを聞いてから行きました笑
飲食店やホテルはタイ人にも日本人にも人気の店もありますが、若干違う場合もありますね。

タイのチェンマイでおすすめの観光旅行スポット7つ

車で行く観光地だとカンチャナブリやカオヤイもタイ人に人気です。

日本人で車を運転しない人だと若干行きづらい観光地だと感じました。

ホアヒン、クラビ、チェンマイはいいところでおすすめの観光地なのですが、日本語は通じないですね。
英語はガンガン通じます。
むしろバンコクより英語が通じます。

タイ人は美容に関心が高い?

私が化粧品が好きなので特に感じるだけかもしれませんが、化粧品をたくさん持っているタイ人が多いと感じます。

しかもまぁまぁいい化粧品を持っているので美意識、美容への関心が高いのかなと思います。

韓国の3CEという化粧品のリップが流行っていて、1つ400-500バーツ(約1600円)するのですが、何本も持っているのを見るとすごいなと思います。

日本でも売っていますが、マットなタイプのリップで日本人だとグロスタイプが好きな人が多い気がします。

あと、ヘアサロンで髪を染める人がまだタイだと少ない様で、一回2000-3000バーツ(約7000円から1万円)位するようですが毎回ではないのかもしれないですが、行っている人もいます。

ネイルは300バーツ位(約1000円)からあるので安いです。

タイは女性がオフィスで働いているので、美容系にお金を掛ける人も多いのかな?と思います。

会社にもよりますが、オフィスで働いている人の8~9割が女性の場合もあります。

ブランドバックはコーチとロンシャンがとても人気です。

まとめ

タイ料理が安くてカフェとスイーツが倍、3倍の値段がして驚くのは私だけじゃないと思っています。

タイ人が周りの人に食べ物をあげるのは本当によく見ます。

タイに住んでいると旅行に行きやすいのはメリットの一つだと思います。美容情報はこれからも集めたいですね!

タイ・バンコクのスターバックス・スタバの店舗や値段についてご紹介します

タイ・バンコクの観光旅行で気になる水事情と飲み物

タイ・バンコク女子に人気 お菓子やスイーツでおすすめ4つ

タイのチェンマイでおすすめの観光旅行スポット7つ

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください