チャトチャックウィークエンドマーケット行き方や時間や気をつけたら良いことを紹介します

チャトチャックウィークエンドマーケットの洋服屋さんの服です

観光旅行客もタイ人にも人気で土日に賑わうチャトチャックウィーケンドマーケットです。

15,000 店以上もの出店が出て、20万人以上が訪れる大きなマーケットです。

旅行者にも在住タイ人、日本人にも人気のチャトチャックウィークエンドマーケットに2017年9月にいってきました。
はじめて行く人向けに気をつけたほうが良いことをご紹介します。

チャトチャックウィークエンドマーケットとは屋外で洋服、雑貨、食器、お土産、ペット等々の販売を土日限定で行っているマーケットです。
とにかく会場が広くて外で暑く、体力の消耗が激しいので旅行で行く方は気をつけて下さい。

タイっぽい雰囲気が味わえるのでおすすめです。

電車でBTSモーチット駅降りてすぐです!所要時間は2-3時間ですかね。

アクセス

チャトチャックウィークエンドマーケット

営業時間:土日9時00分~18時00分 位

水曜日と木曜日 7-18時(植物セクションのみ)
金曜日 18-24時(卸売のみ)

住所:สวนจตุจักร Kamphaeng Phet 2 Rd, แขวง ลาดยาว Chatuchak, Bangkok 10900

電車BTSモーチット駅降りてすぐなのでわかりやすいです。

都会から(サイアム辺り)電車で30分位で着きます。

一日中いると外で暑いので半日くらいがいいかもしれません。

 

屋外で開催されていて暑いので気をつけて下さい

チャトチャックウィークエンドマーケットは基本的に外で行われています。

お店も屋台も基本は外です。

私は普段外を歩かないように暮らしているので、チャトチャックウィークエンドマーケットは本当に暑いと感じました。

最初の1-2時間は楽しく買い物ができましたが、最後の方は暑さで疲れてしまい思考停止をしていました笑
時間帯は朝10時位に行きました。早めに行って良かったです。
昼過ぎは暑いし人が多いし、夕方は雨季だと雨が降る可能性があります。

朝一で行くと快適にお買い物ができるかもしれませんね!

どこに行くか調べてから行ったほうが良いです

これは色んな人に言われていたのですが、事前にどこに行って何が見たいか調べてから行ったほうが良いです。
迷路に入っている気分です。しかも人も多くてどこに自分がいるのかイマイチわからないです。

気に入ったものがあったらその場ですぐに買ったほうが良いです。
もう一回同じ場所に行こうとしてもよくわからなくなります。

でも同じものが違う店でまた売っている場合もあります笑

チャトチャックでは食べ物と飲み物に注意したほうが良いです

買い物中は暑いので水分補給はした方が良いです。
たまに炎天下の中置いておいたら腐りそうな食べ物が売っている場合があるので大丈夫そうか判断して買ってくださいね~。

タイ人でも屋台の料理は当たる時は当たると聞きます。
たとえばペットボトルの飲み物を冷やして売っているのは問題が無いと思いますが、フレッシュジュースを販売する屋台はよく様子を確かめて買った方が良いです。

トイレが混んでいます

人が多い割にトイレの数が少ないです。
トイレを発見したら行っておいたほうが良いです。
一回10バーツコイン(30円位)がかかります。
トイレットペーパーは置いてある訳ではないので、ティッシュを持っていない場合はトイレの前で5バーツで売っていました。

帰りの電車のチケットを事前に買っておいたほうが良いです

BTSモーチット駅が最寄り駅です。電車の切符を買って帰ろうと思う方は行き着いた時に買っておいた方が良いです。
観光客の人で溢れているので、電車の切符を買うのに長蛇の列ができていました。

現金でBTSの切符を買うにはコイン支払いの券売機が多いため両替が必要です。
ラビットカードを作れば、現金で一回ずつ切符を買う必要がないので作ったほうが便利です。

 

 

まとめ

チャトチャックウィークエンドマーケットは噂通り暑かったです笑
いろんなものが売っていて楽しいので、行く時間帯、食べ物等に気をつけて行ってきてください♪

洋服や小物など本当にいろんなものが売ってます。骨董品もあります。
知り合いはペットをチャトチャックで買ったと言ってました。
かわいいかごバックや食器なども売ってます。
色んなものが安く買えていいですが、ちょっと広すぎて迷子になるのと暑いので、気をつけて行ってきてください。

【アッキーブログの関連記事リンク集】

【LABタイ語学校ブログ関連リンク集】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください