ドンムアン空港とバンコク市内への行き方

2017年11月にドンムアン空港とバンコク市内の行き来を公共交通機関(電車とバス)で行ったのでご紹介します。

タクシーでドンムアン空港へ

簡単、どこからでもアクセス可能で便利です

タイ語しか通じないことがあるので注意です。

タクシーに関する注意事項は

できればひとりで乗らない方がいい

メーター使わない、乗車拒否されたら別の車を探す

高速道路料金はメーター料金と別にかかる

お釣りくれない場合もあるので、小額紙幣と小銭を用意しておく

タイのタクシーの乗り方や料金と相場をご紹介します

普通のバスとBTS電車での行き方

快適だったのでご紹介します。

BTS電車の終点モーチット駅から空港行きバスが出ています。

モーチット駅は土日にチャトチャックマーケットをやっていて人が多いので、気をつけて下さい。

電車の切符を買うのに並ぶ可能性があります。

BTSはラビットカードが便利です。

券売機は小銭でしか買えないので注意です。

荷物が多いとBTSの階段で苦労するかもしれません。

エレベーターやエスカレーターはある駅と無い駅があります。

BTSは朝と夕方は激混みで荷物が多いと邪魔かもしれません。

バスはモーチット駅からドンムアン空港まで20-40分で着きます。

30バーツで片道乗れます。

乗り換えも駅を降りてすぐでわかりやすかったです。

A1と書いてあるバスがドンムアン空港行きで英語でも看板があります。

バスは乗っている途中でお金を回収しに来ます。

おつりもくれます。

さすがに1000バーツ出したら嫌がられると思うのでお金は崩しておいた方がよさそうです。

バスと電車を使った移動手段はお金をだまし取られる危険が無く、渋滞にも巻き込まれずらいメリットがあります。

バンコク市内は時間帯によってはBTS(電車)が早くて安全です。

一人で移動する人は結構おすすめです。

大きな荷物がある場合はタクシーがおすすめです。

高級なバスと電車を使ってバンコク市内へ

帰りはドンムアン空港からパヤタイ駅行きバスに乗りました。

カオサン行きとシーロム方面行きのバスがあります。

パヤタイ駅はBTS(電車)の最寄駅で、市内に出るのに便利です。

空港からパヤタイ駅まで40分ほどで、150バーツです。

荷物は荷室に入れてくれます。椅子が広くて快適です。

Wi-Fiまでついています。

足置きもついております。

パヤタイ駅についたらバス停から電車の入り口まで歩いて5分位で着きました。

まとめ

ドンムアン空港はバンコク市内へ直行する電車が無く、タクシーが混みがちです。

基本的にはタクシーがおすすめですが、混んでいるときや荷物が少ない時や渋滞している時間帯は公共交通機関もおすすめです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください