タイのピンクのガネーシャツアーの行き方や見どころを紹介します

タイのピンクのガネーシャツアーの行き方や見どころを紹介します。

インスタ映えで有名ですが、バンコク市内から車で約1時間半かかるため、旅行の方は時間に余裕がある方ならおすすめです。

よかったら下記ブログもチェックしてみて下さい

タイのピンクのガネーシャツアー

パンダバスというタイのバンコクで有名な旅行代理店がツアーを始めたので行ってきました。

今回のツアーはひとり600バーツ(約2,000円)で9時にバンコクに集合してピンクのガネーシャに10時30分頃に到着し、11時30分まで見てバンコクに13時頃について解散しました。

ピンクのガネーシャのチャチュンサオ県にあり、バンコクから自分で行こうとするとバスとソンテウを乗り継がないと行けないため、バスツアーは便利だと感じました。

タイのピンクのガネーシャのようす

たまたま涼しい日で風もあって天気は最高でした。
タイのバンコク周辺は11月から2月くらいまでは乾季であまり雨が降らず、涼しい日もたまにあります。


ピンクのガネーシャは派手な色で周りにいるネズミも派手でした。


他にもあやしいピカチュウやドラえもんやミッキー、ピンクのロータス、中国っぽいお寺、タイのお寺や屋台もあって、意外と色々ありました。


統一感は無かったですが、栄えている感じがしました。


日本人観光客も多くて、本当にこんなところまで観光に来るんだなぁと思いました

日本から観光に来る方は、ちょっとバンコク市内から遠いかなとは思いますが、とにかく派手なので日本にはあんまりない感じの観光地だと思います。

屋台もたくさんあって、まんじゅう?肉まんがおいしそうというかかわいかったので買いました。

25バーツ(約90円)でした。

アクセス

タイのバンコクから車で約1時間半かかるので意外と住んでいる日本人も行ったことがない人が多いと思います。

自力で行く場合はタクシーかレンタカーかバスとソンテウでも行けると思います。

ツアーは便利です。

名前:ワット サマン ラッタナラーム

住所:Thanon O Bo To Chachoengsao 2012, Kon Kaeo, Mueang Chachoengsao District, Chachoengsao 24000

電話番号:081 983 0400

まとめ

タイのピンクのガネーシャツアーの行き方や見どころを紹介しました。

タイに住んでいたら一回は行ってみてもいいかもしれませんが、日本から観光で来ると意外と移動に時間がかかるので行くかどうか検討してから決めたほうがいいと思います。

よかったら下記アッキーのブログもチェックしてみてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください