タイ賃貸家賃相場ーバンコクで一人暮らしの生活費・不動産のおすすめご紹介

タイ・バンコクの家です

タイのバンコクの賃貸家賃・コンドミニアムの相場・ひとり暮らしするといくらかかるか、おすすめの不動産もご紹介します。

2017年夏頃から現地採用で働きはじめました。

日本でタイのバンコクの家を探している時に情報が少なくて不安だったので、私の情報が誰かの役に立てば幸いです。

タイのバンコクの食事の物価は以下もチェック

タイ・バンコクの家賃相場・ひとり暮らし賃貸物件を見つけよう

タイのバンコクで賃貸物件のなかで単身者向け(1studio・1bed room)の家具・家電付きコンドミニアム(日本で言うマンション)はだいたい35平米前後で10,000バーツ(約35,000円)位からあります。
現地採用の友人の話を聞いていると私の周りは15,000バーツ(約51,000円)から22,000バーツ(約75,000円)位の間で賃貸コンドミニアムを借りている人が多いです。

賃貸コンドミニアムは、場所によって値段が変わります。

バンコクには電車が走っていてBTS、地下鉄のMRTがありますが、駅から近い物件は人気なので高い場合が多いです。コンドミニアムだったら家具と家電(ベット、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ)は付いているところが多いです。
洗濯機は部屋にあったりなかったりします。
共有スペースには洗濯機と乾燥機があります。
自分で家具家電を持っている場合はその分安くなる物件もあるそうです。

部屋の向きは北向きが人気で、理由としてはタイはいつも暑いからです。
大体ホテルのようなセキュリティ・オートロックが付いていて、エレベーターに乗る時や自分の家に入る時もカードが必要です。

ジムとプールが付いているところがほとんどです。

駐車場は確認した方がいいですが、コンドミニアムの一つの部屋に一つ付いている場合が多いです。

私が見に行った物件の中でバスタブ付き物件はなかったです。基本シャワーでした。お湯は出ます。

タイ人向けアパートメントはキッチンが無かったり、キッチンがベランダについていたり、シャワーのお湯が出ないパターンもあるので注意が必要です。

タイ人は3食外食もしくは食事買って食べることが多いからです。

タイ人の女性と付き合う時には食事を作ることを期待しないほうがいいですよ。
あとセキュリティがいまいちだったり何かあったときにタイ語しか通じないといったデメリットがあります。その分安いです。

タイ・バンコクで家や賃貸物件を探す方法

日本人がいる不動産屋さんを使っても良いですし、自分で現地の不動産屋さんかオーナーさんと連絡を取って探す方法があります。
私は日本人の不動産屋さんを利用しました。

 

 

経営されているのは田端雄介さんです。

低価格の物件は日系不動産が相手にしてくれないところが多いのですが、田端さんは紹介してくれます。
家のことだけでなく物件を見に行っている時に周辺の生活情報も教えてもらいました。
バンコクの道や地理にも詳しいし、タイ語も上手です。
日本で不動産会社に勤めた後、タイで起業されて4年目だそうです。

わざわざ日系の不動産会社に頼む理由は大体初めて家を探す時は、わからないことが多いから不安なので日本人に頼むと安心です。
タイは日本と比べたら何かとトラブルがあるので困ったときに相談できる人がいたら安心です。
タイに移住してから家のトラブルには合っていなくてホント良かったです。

タイのバンコクには実際どんな賃貸物件があるの?

私はタイに来てゲストハウスに泊まって会社が始まる直前に2日間で14件見に行きました。
バンコクは渋滞が日常的なので電車が便利で、駅から近い、広い、キレイ、新しい物件は高いです。

車通勤の方は条件が変わると思います。私は電車通勤です。
私は外が暑いのでなるべく歩かなくて良い物件にしました。
実際に物件を見学するとキレイで設備が色々整っている物件が多くて楽しいです。

タイ・バンコクの賃貸コンドミニアムは1年契約が多いです。(日本は通常2年契約です)

Elio Del Ray(エリオデルレイ)

家   賃 11,000thb(月)(約35,000円)

デポジット 22,000thb(保証金で退出する時に戻ってきます)

エ リ ア スクンビットソイ 64

最 寄 駅 BTSプナウィティ・BTSウドムスック(徒歩10分)
田端さんが押していた物件で見に行ったらキレイで安いなと思いました。
駅とコンドミニアムを歩く間に犬が多くて止めましたが…笑

こちらのサイトは色んな家が載ってますのでよかったら参考にして下さい。

タイ就職現地採用向け賃貸アパート&コンドミニアム

タイの家は一見すごいんですけど、住んでみると壁が薄いし、アリが居たり(どこでもいる)気になるところもあります。

たまに小さいゴキブリが出ます。
私は駅とコンビニが近くてキレイな部屋が見つかったのでおおむね気に入っています。
ただ部屋が狭いですね笑

タイのバンコクでかかっている生活費については以下チェックしてみてください。

日本とタイで家・賃貸の契約にあたって違う所

契約の時にオーナーさんと直接会います。

それぞれ部屋にオーナーさんがいて、家賃交渉も不動産経由オーナーさんにします。
困ったことがあるとオーナーさんが解決してくれます。
タイは日本に比べるとモノが壊れるスピードが早いのでオーナーさんと連絡を取ることは多いです。

例えば電球がよく切れます。耐久年数が日本より全然短そうです。

私の賃貸コンドミニアムのオーナーさんはタイ人ですが、英語と日本語も話せます。

火災保険は日本だと契約者が入りますが、タイはオーナーさんが入っているそうです。
タイ・バンコクの賃貸コンドミニアムでは1年契約が一般的です。
日本で東京でひとり暮らしする気にはならないですけど、タイは家具、家電付いている物件も多いので引っ越しは楽ですね。
入居も2-3日で、できたので助かりました!ありがたい。

今のところ自分で買ったものはベッドシーツとハンガーと電気ポットと食器と体重計とドライヤーと扇風機と靴置きと洗濯物干しです。

私の周りの現地採用の友人の部屋にはもともと扇風機や食器が付いている部屋もあり、オーナーさんによっては買ってくれることもあります。
後はティッシュとか掃除道具等の日用品です。

まとめ

もしタイで物件探しする予定の方は相場や不動産屋さんを参考にしていただければと思います。

タイは物価が3分の1と言われていますが、バンコクに関して言えば日本の地方都市と家賃の値段は変わらないです。
ただ家具・家電が付いている物件が多く1年契約も主流のため引っ越ししやすいですね。

以下は田端さんをインタビューした記事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.