バンコクのタクシーの安全な乗り方や運賃や相場をご紹介します

バンコクの中心にあるショッピングモールのセントラルワールドです

バンコクのタクシーの安全な乗り方や運賃や相場をご紹介します。

初めて乗る人が知っておきたいこと満載です。

タイのバンコクへ旅行に来たら初乗りが35バーツからなので(約100円)タクシーが便利ですが、

お金を騙し取られたり、乗車拒否されたりなかなか使いづらいです。

観光客の方向けにタクシーに乗る方法をご紹介します。

Google mapで調べて、タクシーで行かなくても電車で行けそうなら電車を使ったほうが安全に移動ができます。

Grabタクシーを使うと便利ですが、ドライバーから電話がかかってきて上手く会えない時が不便です。

バンコクでタクシーへの乗車方法

空港、ホテルからタクシーに乗る場合は英語が通じるスタッフに目的地を伝えてタクシードライバーに伝えてもらいます。

ホテルの住所が書いてある紙を渡せば英語を話さなくても勝手に伝えてくれます。

確実で一番簡単にタクシーに乗れる方法だと思います。

スワンナプーム国際空港はだまそうとするタクシードライバーが多いです。

乗車拒否が日常茶飯事

乗車拒否はふつうなのでだめなら次のタクシーにします。

流しのタクシーを使う場合は車体がキレイな車は安全な可能性が高いです。

日本のタクシーは勝手に後部座席のドアが開いたりしまったりしますが、タイは自分で開けますのでご注意下さい。

メーター使うかチェックします

タクシーに乗る際にメーターを使うか心配だったら「ミーターオッケー?」と聞けば大丈夫です。

メーターと言うと通じないことがあります。使わないようなら、最悪降りたほうがいいです。

 

高速料金は都度お客さん払いです

空港から市内にタクシーで行く場合はドライバーが高速道路を使うことがあります。

ハイウェイオッケー?等聞かれるかもしれません。オッケーと答えましょう。

高速代はお客さんが払うので50バーツ等言われたら払いましょう。

空港にいるドライバーは数字は英語で言ってくれることが多いです。

バンコクのタクシーの予算

タクシーは初乗り35バーツ(100円位)からなので気軽に乗れます。

予算はバンコク市内が高くて100バーツ-200バーツ(約340円から700円)約空港は400バーツ位(約1500円)ですかね。

バンコクの物価は年々上がっているのにタクシーは安いです。

 

バンコクの渋滞は想像以上にひどい

朝の7-9時、夕方17-19時はバンコク市内が渋滞するので1時間で着くはずが2時間かかったりするかもしれません。

電車も混みますが、道はもっと混むので歩いたほうが早いときもあります。

 

タクシーはなぜかおつりが出てこない

タクシーに乗る前に1000バーツを崩して100バーツ、20バーツ札に変えて持っておいたほうが良いです。

空港や街なかにはコンビニがあるので何か買ったら良いです。

あとお釣りが出ないことはタクシーだと普通です。

なるべくお金は細かく持ち歩くと良いです。

お釣りが欲しいなら電車の方が良いですよ。

タイのバンコクの街なかでタクシーに乗る場合・進行方向に向かって乗車する

グーグルマップで電車と車のどちらで行ったほうが早いか調べます。

車で行くことになったらまず進行方向を調べます。

タイのバンコクの道はUターンしづらいところも多いです。

反対方向から乗ろうとすると乗車拒否してくるドライバーもたまにいます。

手を横に出して車を止めます。

有名な場所に行くときは地名を伝えます。ワット・ポーとかアジアンティークとか。

ドライバーがオッケーと言ってくれれば大丈夫です。

メーターを使ってくれるか心配だったら聞くか観察しましょう。

タイのバンコクのタクシーは複数人で乗ったほうがいいです

タイのバンコクは東南アジアの中では基本安全だと思いますが、タクシーはいまいち安全でないです。

女性ひとりでタクシーに乗るとやたらと話しかけてくるドライバーがいます。

ひとりで乗る時はGrabタクシーを使ったほうが、ドライバーの質が若干いいので安全かと思います。

ドライバーの運転が雑

タイは道が広くてまっすぐな所が多くて、飛ばすドライバーが多いです。

法定速度も日本より20キロ多いので、高速道路だとたまに140キロ出していたりして怖いです。

無理に車線変更をするドライバーもいて、危ないです。

ゆっくり走ってくださいと言ってみてもいいかもしれません。

あとタクシーの運転手が寝ている話も聞いたことがあるので、寝ていたら危ないので後ろから起こしましょう。

Grabタクシーとは

スマホ配車アプリです。

自分の居場所と目的地を入力すると、近くのドライバーが来てくれて、目的地に連れて行ってくれます。

便利なのですが、たまにドライバーがGrab機能を全然使いこなしていなくて電話かけてきて、自分の居場所と目的地をタイ語で聞いてくる人がいるのがいまいちです。

あとなかなか会えなくて、キャンセルされたこともあります。

ドライバーは若干当たり外れがありますが、明朗会計(クレジットカード支払いだと特に便利)で便利です。

ただ、日本から観光の方は日本からSimフリースマホとタイで使えるSimカードが必要です。

~レストランやマッサージ店やネイルサロンに行く時~流しのタクシー

有名な場所やショッピングモールや駅は流しのタクシーを使う場合、名前を言えば連れて行ってくれるのですが、レストランその他小売店は小さい店だとドライバーさんは知りません。

道の名前を言うと連れて行ってくれます。

タイの人は地図を読む習慣が無いので、建物の名前や道の名前を伝えます。

例えば、日本人に人気のタイ料理のワナカームに行きたい場合


ワナカーム

ワナカーム営業時間:11時30分ー22時30分

BTS電車かMRT地下鉄のアソーク駅で降ります。

BTS電車アソーク駅で降りた場合はMRT地下鉄の乗り換えの方の出口で降ります。

グーグルマップを見つつBTSの高架下を歩きソイ23という看板が出てきたらタクシーに乗ると便利です。